18歳で自動車保険に入る時のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18才で運転免許証を取得し、すぐに自分名義で自動車を買う場合、自動車保険はどうすれば良いでしょうか?

 

21歳未満の人が自動車保険を新規契約する場合、軽自動車を購入し、

・対人賠償 無制限
・対物賠償 無制限
・人身傷害、車両保険 なし

という最低限の補償にし、安いダイレクト(通販型)自動車保険に加入しても、年間保険料は10数万円を下らないでしょう。
保険料を月々の分割払いにしても、最低毎月1~2万円の出費は覚悟しなければなりません

等級の高い両親や、免許証を使わなくなった祖父母と同居している場合は、等級を引き継いだり、車を共同利用することで、保険料を下げることができます。

けれど、両親と別居し、車を自分で買う場合は、裏ワザと呼べるものは、何も使えません。
20万円程度の中古車を買っても、年間保険料が30万円かかるといった事例が、普通に考えられるわけです。

自動車保険の保険料を下げるコツは、全年代共通ですが、やはり、車両保険が一番大きいですね。

18歳で新規ということでしたら、一度、3等級ダウンの事故で自動車保険を使ってしまうと、翌年は3等級になってしまいます。
こうなると、入れる自動車保険自体が限られ、そもそも、保険料の安いダイレクト型などはほとんど無理ですので、それだけで保険料が上がってしまいます。

さらに、等級ダウンと事故有係数適用期間を考えても、合計30万円以上の損失は免れません。
ダイレクト型保険から代理店型保険に乗り換える際の差額も考えると、50万円以上の損失となっても不思議ではないでしょう。

注目すべきなのは、車両保険をつけることで、保険料が年間数十万円アップする可能性があるということです。

保険料が年間数十万円アップし、自動車保険を使った際は、さらに50万円以上の損失になるというのでは、車両保険をつける意味がどこにあるというのでしょうか?

「いえいえ、車両保険というのは、運転に未熟な若い人ほど、保険料負担は大きいけれど入っておくべきなんですよ」という意見があることは承知しております。

しかし、私は、自動車保険を使うのは相手への補償(対人賠償、対物賠償)のみと割りきって、車両保険には加入せず、その分、慎重に運転すべきであると考えます。
もらい事故ならば、相手がきっちりと保険に入っていれば、自分の自動車保険を使わなくても、自車の修理費用が出ますからね。

そうやって3年間は慎重にも慎重を重ねて運転し、21才の誕生日を迎えたら、即、運転手の年齢条件を変更し、少しづつ保険料を節約しながら、等級を上げていくのが王道でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。