50代におすすめの自動車保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50代の人におすすめの自動車保険はどんなものがあるでしょうか?

 

50代というと、一般に、自動車事故リスクの低い年代とされ、保険料が安い自動車保険も、引く手あまただといえます。
もちろん、順調に等級が上がっている人の場合ですけどね。

単純には無料一括見積もりしてみるとわかります。

ネットで閲覧できる各種ランキングの年代別コメントを参考にすることもできるでしょう。
ただ、50代というと、家族構成や自動車の使い方に差が出る年代でもあり、口コミだけをうのみにもしにくいですね。

そこで、50代の人が優遇されている自動車保険の見分け方を3つのポイントにまとめてみました。

1. 50代の人の保険料が安くなることをPR している自動車保険

これは当たり前なんですけど、「50代の人におすすめ」をうたっている自動車保険は、この年代の人の保険料を安く設定しているはずですので、見積もりしてみる価値はあるでしょう。

そういう保険は、運転者の年齢区分を細かく設定(例えば、50歳代、60歳代以上で区分)している、もしくは、運転者の最高年齢を高く設定している(例えば、35歳以上ではなく、50歳以上で区分)可能性も高いです。

例えば、おとなの自動車保険の場合、40代と50代は、運転者の年齢区分が1才刻みと細かくなっています。
年齢区分を細かくすることで、特定の年齢に該当する人の保険料を、より割安に設定することができるのです。

2. 保険会社が公表しているお客様の声のなかに、50代の人の声が多数含まれている自動車保険

保険会社が公表している口コミは、あまりあてにできません。
それは、保険会社にとって都合の良いお客様の声だからです。

したがって、年齢(年代)が公表されている場合、その年代の人を重点的に加入させたいのではないか?という予想ができます。
保険会社にとって、重点的に加入させたいのは事故リスクの低い層の人であり、そういう層の人には、保険料を優遇しているはずです。

それを、口コミから読み取るわけです。

3. ダイレクト型(通販型)であろうが、代理店型であろうが、公式サイトにフリーダイヤルが大きく表示されている自動車保険

最近の自動車保険は、ネットを活用することで、非常に便利、かつ、有利な契約を結ぶことができるケースが少なくありません。
とはいえ、50代の人にとっては、ネットでの操作を、すべて間違いなく、自己責任でできる人は、少数派ではないでしょうか?
老眼の問題もありますしね。

そこで役に立つのが、フリーダイヤルです。

フリーダイヤルで自分の等級を確認したり、パソコン操作を確認しながら、自動車保険に申し込むことができます。

保険会社にしてみれば、フリーダイヤルを強調するか、しないかで、50代以上の契約者数に格段の差が生じてもおかしくはありません。
本気で50代の契約者を集めたいならば、公式サイトでフリーダイヤルを強調することは必須といえるでしょう。

公式サイトのどのページからも、フリーダイヤルが大きく、はっきりと表示されているような自動車保険は、50代以上の人にアピールしたいのだと考えることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。