8ナンバー車の自動車保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8ナンバー車は、どのような自動車保険に入るべきでしょうか?

 

まず最初に、8ナンバー車といっても、用途がいろいろあります。
自分の車がどういう用途なのかによって、自動車保険はずいぶん変わってくることに注意してください。

個人が所有する8ナンバー車ならば、福祉車両、キャンピングカー、広報車、移動販売車などになるでしょう。
まずは、これらの車種が加入できる保険会社を探す必要があります。

自動車保険のなかには、8ナンバー車を一切受け付けないところと、福祉車両ならばOK といった、用途を限定して受け付けるところがあります。
いずれにしても、ネットでの見積もりはまず不可能ですので、担当者や代理店に問い合わせてみる必要があるでしょう。

どのような車なのか、担当者が自宅を訪問して確認後、見積もりというケースもあります。

保険料の相場としても、車種や用途でマチマチですね。
ワンボックスタイプの福祉車両なら、3ナンバー車、5ナンバー車と、あまり変わらない水準の見積が出るかもしれません(福祉車両割引制度のある自動車保険もあります)が、おおむね、保険料が割高になることを想定しておくべきでしょう。

キャンピングカーなどの大型車両は、車両の時価、車両料率ともに高いので、それだけで保険料が上がってしまいますね。
このブログでは農協の自動車保険は、サービス(事故対応)面を考えて、あまり良い評価をしていないのですが、大型車両で、そもそも加入できる自動車保険が限られているという条件では、おすすめのひとつになります。
農協ならば、特殊車両の保険についても、案外、詳しいかもしれませんしね。

保険料を安くあげるのであれば、車両保険をつけない選択もありますが、とにかく、事故を起こさないことです。

といっても、あなたの車が農協の自動車保険に必ず加入できるとは限りませんので、確認はしてください。

自動車保険の被保険者には、家族の中でも等級の高い人、ゴールド免許所有者など、有利な人がなるといった基本はおさえておいてください。

8ナンバー車を取得し、自動車保険の車両入れ替えをする場合、今まで3ナンバー車や5ナンバー車に乗っていたとしても、等級を引き継げるかどうかは分かりません。
つまり、車両入れ替えができず、新規加入扱いというケースもあるということです。

8ナンバー車には税金の優遇制度もありませんから、わざわざ3ナンバー車や5ナンバー車を改造して8ナンバー車にするのは、自動車保険の保険料や維持費を考えると、得策であるとはいえません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。