エース保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エース保険(エース損害保険)の自動車保険に関し、概要を説明しましょう。

 

エース保険はスイスに本部を置く保険会社で、世界53カ国に進出してます。

日本へは、前身の会社が大正9年に進出しており、歴史があります。

歴史的な背景もあり、エース保険の勧誘は代理店型となっています。
しかし代理店の総数は少なく、都道府県によっては、代理店が1件もないことがあり、加入に不安を感じさせる面があるということは、否定できないでしょう。

公式サイトでは、自動車保険の概要を知ることができますが、トップページに行ってしまうと、自動車保険説明ページヘたどり着くのが難しいです。
「エース保険 自動車」で検索し、直接、自動車保険のページに飛んでください。

公式サイトから自動車保険の資料を請求することはできますが、見積もりを出すことはできません。
口コミでは、保険料が割安だという評価が多いですけどね。

全体的に公式サイトの使い勝手は良いとはいえず、力を入れていない印象です。

自動車保険の特徴としては、ゴールド免許保有かどうか、自動車の使用目的、年齢条件、を3つの柱として、保険料を算出するようです。

この3つの条件の中で、他者との違いが最も出るのは年齢条件でしょうね。
年齢条件は同居親族だけに適用され、他人には適用されないという規定をPR しています

通常、年齢条件は同居の親族だけに適用され、他者には適用されないのですが、意外にそのことを知らない代理店や契約者が多いのです。
私の知人でも、同居の親族では30歳以上の人しか運転しないのに、「他人が運転する機会があるかもしれないから」という理由で、年齢条件をつけていない人がいます。
この知人の場合、年齢条件をつけることによって、保険料をかなり下げることができるはずですが、代理店もそういうアドバイスはしないようです。

なので、エース保険のPR は、良いことを言っているなと感じます。

しかし、年齢条件の規定は各保険会社一律にそうなっているものですから、エース保険独自のPR にはなりません

補償内容や特約の内容をひと通り見ても、結局、エース保険の特徴といえるものは、特に見つけることができませんでした。
しいて言えば、クラシックカー保険という独特の保険が別に用意されているのが、特徴といえるでしょう。
普通の人には縁のない自動車保険ですけどね。

ロードサービスなど、付帯するサービスは、すべて他者に丸投げという印象も感じました。
ちなみに、ロードサービスは、人身傷害をセットしないとついてきません

お近くに代理店のある人は詳細を確かめてみると良いと思いますが、これだけ情報が少ない自動車保険は、万一の時の対応に不安がありますので、おすすめしかねるというのが正直なところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。