人身傷害保険の妥当な金額の出し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人身傷害保険に加入する際、保険金額はいくらにすれば良いのでしょうか?

 

某自動車保険のパンフレットに、このような記述がありました。

「万一に備えて(人身傷害保険の)保険金額は1億円以上をおすすめします。」

その理由として、「各年令別の簡易査定による損害額(目安)」を併記しています。

30才男性妻子ありの場合 死亡による損害額約7500万円
40才男性妻子ありの場合 死亡による損害額約7400万円
50才男性妻子ありの場合 死亡による損害額約6500万円

パンフレットの記述だけを見れば、1億円くらいは必要だと思ってしまいますね。

しかし、保険金額1億円で人身傷害保険に加入しても、それだけの損害額が認定されなかったら、保険料のムダになってしまいます。

では、現実的な人身傷害保険の必要保険金額を考えてみましょう。

まず、人身傷害保険は、事故により、自分が死亡、または傷害を負った時の損害のうち、自分の責任分を補償する保険であるということを押さえておいてください。

事故の際に相手がいて、例えば、自分の損害が5000万円で、相手の責任と自分の責任が半々だとします。
そうすると、2500万円は相手の保険(自賠責、または、対人賠償保険)から出ますので、自分の人身傷害保険から出る金額は、2500万円ということになります。

つまり、自分の責任が100でない限り、損害額すべて人身傷害保険から出るようなことはありません
自分の責任が100の事故のリスクがどれだけあるかは、人身傷害保険の保険金額を抑える要因になるでしょう。

次に、自分の身体に関する損害を、すべて、人身傷害保険で埋め合わせる必要があるのか?という問題もあります。

身体に関する損害では、公的な保障が意外に?手厚く用意されています
遺族年金、高額医療費制度がその代表的なものです。

公的な保障を使って得られる保険金の分は、人身傷害保険の保険金額から差し引いて考えることができます。

さらに、他の民間の保険に加入している場合
生命保険、傷害保険、入院保険、収入保障保険など。

そちらの補償を使うことで損害をカバーできる場合、そもそも、人身傷害保険に加入するかどうかも含め、検討する必要があるでしょう。

公的な補償や、他の保険の加入状況は個々によって違いますので、人身傷害保険の必要保険金額を一律に計算することは、できません。
けれど、少なくとも、「死亡時の損害が7500万円だから1億円以上」といった固定的な考えは誤りであるということは理解できますね

人身傷害保険の保険金額の妥当性は、補償内容と合わせて考える必要もあります。

人身傷害保険では、契約車以外の車を運転中の事故、歩行中など自動車運転時以外の事故や、搭乗者の死傷も補償対象にしている場合と、それらは、すべてオプション(特約)になっている場合があるのです。

人身傷害保険では、補償の中身もよく考えて、妥当な保険金額を出す必要もあるということです。

具体的な金額としては、補償の中身にもよりますが、3000万円あたりを目安にしている保険会社さんが多く、このあたりが平均的なのかな?という気はします。
自分で金額を決めるのが不安な場合は、保障の中身と、3000万円が妥当かどうか、担当者さんに細かく質問してみて決めるべきですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。