短期の自動車保険まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険を短期で利用したい時の手段は、いろいろありますのでまとめてみました。

 

事故のリスクを考えますと、他人の自動車を借りて運転するのは、短時間でもおすすめしません

別居中の親族が実家に帰省した際、実家の車を運転したい。
友人同士で1台の車に乗って旅行する際、途中で運転を交代したい。
免許証をとりたてで、まだ車を持っていない人が、友人の車を借りて、少しでも練習したい。

といった、様々な理由で他人の自動車を運転したい時もあるでしょう。

短期で他人の自動車を運転する際の自動車保険もいろいろありますので、少しでも運転の可能性がある場合は、加入しておきたいですね。

まず、自分も自動車を所有していて、自動車保険に加入している場合。

自分の加入している自動車保険に他車運転特約(他車運転危険担保特約)が付いていれば、借りた車を運転中の事故も、その契約の範囲で補償されます

この場合、相手の損害への補償(対人賠償、対物賠償)は問題ありませんが、自身への損害への補償は、少し問題があります。

例えば、自損事故で修理費用が100万円かかったとします。
この時、自分の自動車保険の車両保険を50万円でかけていたとすると、最高50万円までしか補償されず、50万円は自腹になります。
(車の持ち主の車両保険を使うこともできますが、その人の等級が下がってしまうので、おすすめできません)

自分の車の時価が50万円と見積もられる場合は車両保険を100万円もかけていません(修理費用が50万円を超えても、車両保険では時価以上の保険金が出ません)から、こういうことが起きるのです。

他車運転特約も万能ではないということですね。

次に、運転免許証を持っているが、自分が自動車を保有しておらず、自動車保険に加入していない場合。
この場合、他人の車を運転する際は、短期の自動車保険、または、ドライバー保険に加入する必要があります。

両者の違いは、

・短期の自動車保険の特徴

1日単位でかけられるが、最高7日間まで。
人身傷害が付けられず、自分への補償内容は手厚いとはいえない。
等級は無いが、無事故なら同系列の自動車保険に加入した時、割引が受けられる。
レンタカーは補償対象外。
保険会社や代理店の他、携帯電話会社、生協などでも加入可能。
携帯電話・スマホでの契約が必須(使用料が携帯電話の使用料金とともに引き落とされるため)。

・ドライバー保険の特徴

1年といった長期契約が可能。
通常の自動車保険並みの補償。
ロードサービスは付けられない。
等級あり(ただし、通常の自動車保険に等級を引き継ぐことはできない)。
レンタカーも補償対象(契約による)。
保険会社や代理店で加入。

年に数回の規制で使用する程度なら短期の自動車保険、数ヶ月単位の長期で契約するならドライバー保険に加入する方がお得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。