自動車保険でお得になる裏ワザはあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット検索していて、「裏ワザ」というキーワードには、つい反応したくなりますね。

 

自動車保険のお得情報を探す人も、やはり、「裏ワザ」にはつい反応するんじゃないでしょうか?

まあ、裏ワザ全般にいえることですが、裏ワザに見えることは、違法であることを除き、単に、知っているか、知らないかの違いでしかありません。

自動車保険も例外ではなく、お得になるための裏ワザといえることはまずありません
実際に裏ワザと称するサイトを片っ端からチェックして探し回った私は、そう断言しておきましょう。

裏ワザ的なものを期待する前に、自動車保険の基本について、保険会社の公式サイトやパンフレットを隅々まで読んで、専門用語などを確認して下さい。

専門用語で分からないところがあれば、このサイトで調べてください。
我田引水になりますが、このサイトは特定の自動車保険への勧誘を目的とはしていませんので、素人目線で、中立的な解説になっているはずです。

このサイト以外で情報を収集するならば、オールアバウトがおすすめです。
専門用語の基礎から応用まで、短い記事でうまくまとまっています。

こういう地道な情報収集を1周間も続ければ、あなたは、一端の専門家レベル

短期間で、自動車保険に関する何もかもに詳しくなるということは難しいならば、人身傷害保険と車両保険だけを重点的に調べることから入るのが良いでしょう。

そうなったら、次は見積もりです。

ダイレクト型(通販型)の自動車保険のサイトで、自分のケースについて、見積もりを出してみてください。
個人情報を出さなくても見積もりを出せる保険会社がありますので、そういうところを利用すると良いでしょう。

見積もりを出す際は、車両保険の金額を細かく設定できる方が、より、実態に近い見積もりを出せるでしょう。
車両保険の見積もり自体を出せないサイトもありますが、そういうところは使えません。

見積もりを3社程度で出してみれば、だいたい同じような数字が出てくるでしょうから、今、契約している自動車保険の補償内容と見比べてみてください。

事故処理の内容で自動車保険を選ぶべきという考え方があるかと思いますが、ハッキリ言って、現実的な考え方ではありません。
事故処理の満足度は、同じ保険会社でも事故の内容や担当者の違いによって評価が全く違いますから。

病院に受けの良い保険会社、そうでない保険会社といった裏事情もあるようですが、事故の相手がどんな自動車保険に加入しているかどうか分かりませんので、どれだけ裏事情を聞いたところで、あまり役にも立ちません。

ですので、事故は起こさないということを基本に、補償内容の地道な比較で自動車保険を選ぶべきです。

くれぐれも「裏ワザ」のような、耳障りの良いキーワードに惑わされることの無いよう、用心してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。